LINEにおける男女の認識を理解。その違いとは?

LINE

結婚相談所で交際に進むと、まずは電話番号を交換し、電話でファーストコンタクトを取ります。
その後のコンタクトは、多くの人が「LINE」に移行します。

今は、連絡手段はLINEを使うのがスタンダードです。
ですから、交際をスムーズに進展できるかは、LINEを上手く活用できるかにかかっているといっても過言ではありません。

しかし、男性と女性では連絡における考え方や意識が異なっています。
これを知らないでいると、LINEが原因で関係が悪化したり印象が悪くなったりすることもあります。

そこで今回は、LINEにおける男女の認識の違いについて、お伝えします。

男性にとってLINEは連絡手段ツール

多くの男性がLINEは単なる連絡手段のツールとしてしか認識していません。
一般的に、男性は女性に比べて、感情表現が上手ではないですし、感情を表現するための言葉数も少ないです。

男性は合理性や効率性を重視する傾向があるため、結果にこだわります。
ですから、会話も会話自体を楽しむ女性と比べて結論を急ぎます。

LINEでも同様で、簡潔なコミュニケーションを求めます。
そのため、デート日を決めたら、要件が済んだので、その日まで連絡を取らないという男性もいます。

男性の考えとしては、会った時に直接話せるので、わざわざLINEで会話をする必要はないと思うのです。
女性は男性から連絡が来ないことに不安になったり動じたりすると、その想いが重さとなって関係がギクシャクしてしまうことも。

女性は合理的でないことは男性のストレスのもとになるということを理解しておきましょう。
LINEが苦手な男性や必要性をあまり感じていない男性には、連絡頻度を上げてもらうよりも一度の連絡の濃さを高めてもらいましょう。

女性にとってLINEはコミュニケーションツール

多くの女性がLINEはコミュニケーションを取るツールとして認識しています。
女性は男性と比べて、誰かと共感することを望む傾向があります。

例えば、その日あった出来事を人に話して、共感的なリアクションを求めがちです。
当然、LINEでも共感を求めるような行動を取ります。

女性は「買い物に行ってかわいい服を見つけ買っちゃった」「今日、食事したランチがとてもおいしかった!」など写真付きで送くってくるなど感情の入ったLINEが多いです。
これは、LINEを使って感情を共有し精神的な繋がりを求めているのです。

男性はこれが分かっていないと、そのLINEに対して適切な返しができなくなってしまいます。
女性はLINEに精神的な繋がりを求めているので、興味のなさそうな対応をされるとがっかりした気持ちになります。

例えどうでもいい事と思っても「良かったね。似合っているよ」「おいしそうだね。場所はどこなの?」というように、興味を示しましょう。
そうすることで、女性の共感欲求を満たすことができます。

LINEの男女の認識の違い まとめ

今回は、LINEにおける男女の認識の違いについてお伝えしました。

多くの男性がLINEは単なる連絡手段のツールとしてしか認識していません。
多くの女性がLINEはコミュニケーションを取るツールとして認識しています。

LINEにおける男女の認識の違いを知ることで、相手が何を考えているのか理解しやすくなります。
男性女性、共に相手の立場になって考えること、寄り添うことが二人の距離を縮めます。

是非参考にしてみてください。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 離婚理由

    離婚理由を話すタイミングはいつがいい?

  2. オンラインお見合い

    オンラインお見合いのメリットとデメリットとは?

  3. 仮交際

    結婚相談所の仮交際とは?仮交際から真剣交際までの流れ