離婚理由を話すタイミングはいつがいい?

離婚理由

離婚理由は、再婚する前に、どこかのタイミングで必ずパートナーに話さなければなりません。
どうして離婚に至ったのか、パートナーはその理由を知りたいと思っています。
再婚をする上で、話さなければいけない、避けては通れない話題です。

それでは、いつ離婚理由を打ち明けたら良いのでしょうか。
今回は打ち明けるベストのタイミングをお伝えいたします。

お見合いの席ではおすすめしない

お見合いの席で、いきなり離婚理由の話をするのは早すぎます。
初対面ではまだお互いのことを何も知らないですし、心を完全に開けていない状態です。

離婚理由はデリケートな話題なので、初待面のお見合い時ではまだお互いの距離も縮まっておらず、本音で話しづらいです。
お互いの距離が縮まっていない状態で離婚理由を話しても、性格の不一致や価値観の相違など大まかな理由でしか答えることができないでしょう。

二人がもう少しお互いのことを理解し心を開いて話せるようになった時に、離婚理由は具体的に伝えるようにしたほうが良いです。
お見合いの場では話さずに、お見合いではお人柄確認に留め、交際となった後に離婚理由を話すことをおすすめします。

親しくなってから打ち明ける

出会ったばかりで親しくなる前に離婚理由を打ち明けるのは、タイミングが早いです。
いきなり打ち明けられても、お相手が困惑してしまう可能性があります。

離婚理由はお相手側からすると、とても気になることで、その理由により結婚相手として受け入れるか否か左右する重要なものです。
そのため、タイミングは大事です。

離婚理由を打ち明けるタイミングの目安として、ある程度親しくなる、3回目くらいのデート辺りが良いでしょう。
3回くらいデートをしていれば、ある程度お互いに色々な話をしているので、離婚に至った話をしても唐突ではありませんし、具体的に内容をお相手に話すこともできます。
親しくなっていれば、重い雰囲気で打ち明けることなく、会話の中で自然に打ち明けられるので、リラックスした状態で受け入れてもらえるでしょう。

聞かれたら、素直に答える

自分から話す前に、お相手から先に聞かれた場合はどうでしょうか。
聞かれたら、その場で素直に答える方が良いでしょう。

ここで隠したりうやむやにしたりすると、不信感が募るだけです。
お相手からすると、なぜあなたが離婚したのか理由が気になっています。

あなたに問題があったのか、離婚相手に問題があったのか、どういうきっかけだったのかなど、色々聞きたいと思っています。
離婚理由はどうしてもネガティブにイメージしてしまいますので、お相手から聞かれたら、不安はできる限り早く取り去ってあげた方が良いでしょう。
素直にそして誠実な態度を意識し、きちんと答えることで、お相手は安心できます。

離婚理由を話すタイミング まとめ

今回は、離婚理由を伝えるタイミングを紹介しました。
結婚する上で、どうして離婚に至ったのか、その理由をパートナーは知りたいと思っています。

打ち明けるタイミングとしては、ある程度親しくなってから話すことが望ましいです。
会話の中で自然に打ち明けられるので、具体的に内容をお相手に話すことができます。

素直で誠実に離婚理由を説明することで、よりパートナーを安心させることができるでしょう。
是非参考にしてみてください。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 脈ありサイン

    婚活で女性の脈ありサインをキャッチ!その見極め方とは?

  2. 結婚に向かない

    結婚に向かない人の特徴5選

  3. オンライン交際

    オンラインデートで二人の距離を縮める。おすすめの方法をご紹介…