仮交際では何人と同時進行できるの?最適な人数とは

仮交際

結婚相談所のルールでは、仮交際で同時進行できる人数に制限はありません。
そのため、一体何人くらい同時進行していいのかイメージがつかめず、会員様から人数はどれくらいがいいのでしょうかと質問をいただくことがあります。

同時進行して交際を進めていいとはいえ、何十人とはいきません。
人と人の付き合いは機械化できるものではありませんので、時間的にも労力的にも、限度があります。
今回は、仮交際での同時進行は何人がいいのかお伝えしたいと思います。

交際人数は多ければいいというわけではない

お見合いをとても積極的にしている人は同時進行の交際が5人、10人となる方もいます。
そうなると、ついにモテ期が来たと歓喜の声を上げたくなる人もいるかもしれません。

しかし、その喜びも束の間、最終的には交際人数「0人」となる方は多いです。
よくある失敗として・・・

・他の交際相手と間違えてLINEやメールをしてしまった
・他の交際相手と名前を間違えて呼んでしまった
・他の交際相手と話した内容を話してしまい会話がちぐはぐになってしまった
・複数交際で手一杯になりデートする時間をしっかり確保できず、お相手との距離が縮まらない

などがあります。
このように、手を広げすぎると、交際相手のケアができなくなります。

しっかり交際管理ができる人数に絞らなければなりません。
そうしないと、どんどん交際相手から見限られてしまいます。

1人としか交際しないのは考えもの

同時進行で交際を進めるのは、器用でないので、難しいという方がいます。
お一人、お一人、きちんとお付き合いしたい。

しかし、自分は1人としか交際していなくても、お相手は他の人と交際を同時進行している可能性もあります。
そして、お相手から突然交際終了の連絡が入るかもしれません。

もちろん、自分からこの人とは違うなと交際終了を言うこともあります。
いずれにしても、1人としか交際していないと、交際終了になったら、また振り出しに戻り一からやり直しです。

それだけ時間がまたかかるということであり、年齢を重ねることにつながります。
婚活において年齢は重要なものですので、できるだけ時間をかけず、効率よく進めねばなりません。

空白期間を生じさせないよう同時進行して交際することをおすすめします。
同時進行していれば、1人交際終了になっても、まだ他にも交際相手がいると精神的ダメージが受けにくいといこともあります。

仮交際での同時進行は2~3人がおすすめ

同時進行の交際は5人、10人では多すぎる。
1人としか交際してないと少なすぎる。

それでは、一体何人と同時進行がいいのか。
多すぎず、少なすぎずの2~3人がいいでしょう。
仕事をしている人であれば、キャパシティに個人差はありますが、連絡をマメにでき、デートの時間をしっかり確保できるのは、2~3人位まででしょう。

最適な人数での同時進行は、相手をしっかり比較することができます。
あの人といるよりこの人といるほうが居心地いいなど、自分にはどんな人が合うのか、どんな人は合わないのかということが明確になります。

合わない人とは交際を終了にし、また新たなお見合いをして、交際人数を補充します。
真剣交際になるまで、このサイクルを繰り返します。

仮交際の同時進行 まとめ

今回は、仮交際での同時進行は何人がいいのか解説してきました。
多すぎると、交際相手のケアができなくなります。
1人としか交際していないと、交際終了になったら、一からやり直しで、時間がかかります。
連絡をマメにでき、デートの時間をしっかり確保できる2~3人がおすすめです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. タメ口

    敬語からタメ口に切り替えるタイミングはいつ?距離を上手に縮め…

  2. 脈ありサイン

    婚活で女性の脈ありサインをキャッチ!その見極め方とは?

  3. LINE

    LINEの話題は何を送ればいい?毎日LINEできる話題の作り…