お見合いに手土産は必要なのか?渡すなら効果的な手土産の渡し方

手土産

お見合いに手土産は必要でしょうかと聞かれることがあります。

お見合いは、結婚相手を探すための大切な場です。
少しでも良い印象を与えたいと思うのは当然ですね。
自分のために時間を作ってくれたお礼をしたいという気持ちもあるでしょう。

そこで今回は、お見合いに手土産が必要かどうか、渡すなら効果的な手土産の渡し方についてお話しします。

お見合いに手土産は必要?

結論から言うと、お見合いに手土産は必要ではありません。

お見合いは、あくまでもお互いを知るための場であり、手土産で印象が大きく左右されることはありません。
むしろ、高価な手土産を無理に用意してしまうと、相手に気を遣わせてしまう可能性もあります。

手土産を渡すことのメリット

しかし、手土産を渡すことで以下のようなメリットもあります。

・感謝の気持ちを伝えることができる
・話題作りになる
・印象に残りやすくなる

特に、お相手が遠方から来ている場合です。
わざわざ交通費と時間をかけて来ていただいていることへのお礼を伝えることができます。

また、お見合いでお茶代を支払うのは男性が一般的です。
そのため、女性は手土産を渡すことで、お茶代のお礼を伝えることができます。

手土産をきっかけに会話が弾んだり、相手の好みを知る手がかりになったりすることもあります。
また、手土産を通じて、自分の趣味やセンスをアピールすることもできます。

効果的な手土産の選び方

手土産はあくまでも気持ちですが、渡すなら、選ぶ際は以下の点に注意しましょう。

・金額は500円~1000円程度
・持ち運びやすいサイズ
・プロフィールなどを参考に相手の好みに配慮

金額は少額のものを選び、相手に気を遣わせないようにします。
持ち運びやすいものを選び、相手が持ち帰りやすいようにしましょう。
相手の好みを考慮することで、より喜んでもらえる可能性が高くなります。

具体的な手土産としては、以下のようなものがおすすめです。
お菓子:焼き菓子、チョコレート、クッキーなど
スイーツ:ケーキ、プリン、ゼリーなど
飲み物:コーヒー、紅茶、日本茶など
地域のお土産:お相手が遠方から来ている場合

効果的な手土産の渡し方

手土産を渡すタイミングは、お見合いの帰り際がおすすめです。
お見合いの最中に手土産を渡してしまうと、相手が受け取りに困ってしまう可能性があります。
帰り際であれば、自然な流れで手土産を渡すことができ、相手も受け取りやすいでしょう。

そして、手土産を渡す際には、以下の点に注意しましょう。
・渡す前に一言添える
・渡すときは両手で渡す
・包装にも気を配る

「今日はありがとうございました」「お気持ちです」など渡す前に一言添えることで、気持ちが伝わりやすく、印象も良くなります。
手土産を渡すときは、両手で渡すのがマナーです。

包装にも気を配りましょう。
美しい包装は、贈る人のセンスを表し、受け取る側にとっても開ける楽しみを与えます。

まとめ

お見合いに手土産は必ずしも必要ではありませんが、渡すことで好印象を与える可能性は十分にあります。

手土産を渡す際には、タイミングや渡し方に注意し、相手の好みを考慮したものを選ぶようにしましょう。

手土産はあくまでも気持ちですが、手土産を上手に活用することで、お見合いを成功させ、より良い印象を与えることができます。
参考にしてみてください。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 楽な人

    結婚相手はやはり「一緒にいて楽な人」その特徴とは?

  2. 結婚に向かない

    結婚に向かない人の特徴5選

  3. お見合い結果

    お見合い結果のお返事を迷ったら?こう考えてみたらいかがですか…